2020/04/04 21:39


 
4月に入り、今日から新年度が始まります。
最近はコロナの影響で沈みがちなニュースが多いですが、少しでもいい情報を発信できればと思い、このコラムを書きました。

今日は4月1日、エイプリルフール。
そこで、今回はエイプリルフールについて紹介しますので、これから新しい環境で会う人との会話のきっかけに、ぜひお役立てください。

 

エイプリルフールの起源はフランス発祥が有力!当時の日本では不義理の日だった!?


「エイプリルフール(April Fools’ Day)」は、毎年4月1日にあり、”その日は嘘をついてもいい”という風習のこと。

日本だけでなく、世界中で有名な日です。
欧米では、4月1日の新聞に、エイプリルフール用の記事が掲載されたり、テレビニュースになることもありますが、日本では人騒がせだということで、段々流行らなくなりました。

 

そんな世界的に有名なエイプリルフールですが、実は正確な起源というのは分かっていません。
様々な諸説があるなかで一番有力とされているのが、フランスのグレゴリオ歴採用説。

昔のフランスは、3月25日を新年として、4月1日まで春のお祭りを行っていました。
しかし、1564年に当時のフランス国王シャルル9世が、1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用します。
この決定に民衆は反対し、春のお祭り最終日である4月1日に「嘘の新年」として派手にお祭りを開催しました。

この「嘘の新年」のお祭りがエイプリルフールへと変わっていったという説が有力です。

 

海外で発祥したエイプリルフールが、日本に伝わったのは江戸時代。

当時は「不義理の日」と呼ばれていました。
これは、不義理をしていいという日ではなく、義理を欠いている人に、手紙などでお詫びをする日です。

日本らしい価値観が伝わってきますね。
そこから、現在の風習が本格的に浸透したのは、大正時代といわれています。

 

企業が力を入れて発信している過去のエイプリルフールネタを紹介!


 
大正時代から続くエイプリルフール。
今では、各企業が嘘ネタを発信し、盛り上がっている様子が分かります。

では、どのような嘘ネタがあったのか、実際にあったエイプリルフールネタを紹介します。
どれも個性的で本格的なものばかりです!

 

・『吉野家』が、100年以上にわたり提供してきた牛丼を4月末で販売終了し、新たに「鶏丼」の販売を開始すると発表
(引用先:公式Twitter

・マクドナルドがマックシェイクならぬ、マックシャケを発売
(引用先:公式Twitter

・ジョナサンが、「さん」付けに距離感を覚えるため、店名を「ジョナちゃん」に変更
(引用先:公式Twitter

 

最後に


 
エイプリルフールは、世界共通の風習。
今回は、日本のエイプリルフールネタを紹介しましたが、海外のエイプリルフールのネタは、日本よりも力を入れているので、おもしろいと思います。

ぜひ、エイプリルフールの起源やネタを会話のきっかけに役立てていただき、これから始まる人間関係を良好なものにしていくきっかけにしてください。

 

わたしたち GIFT & CRAFT Mita では、ギフトを中心に取り扱っております。
これまでお世話になった大切な方や家族、ご友人へのちょっとした贈り物におすすめです。

今後は、母の日用のギフトを販売する予定です。
もしご興味ありましたら、お店に立ち寄っていただけると嬉しいです。

スタッフ一同心からお待ちしております。
オンラインショップはこちら

 

#ギフクラ #エイプリルフール #新生活